2年次【造形表現の幅を広げる】


 

2年次は、他コースの技法素材にも触れ、造形表現の幅を広げて行きます。

油彩では、1年次の基礎をベースに絵画表現への意識を段階的に高めて行きます。美術科共通演習 (横断型授業) や選択演習、古典技法では、発想を可視化するための様々な技術・素材に触れ制作します。そのほか、進級制作を通して、アートと社会の繋がりを学びます。展覧会を企画・開催・運営し、その裏側を実践し理解を深めてゆきます。


 前期 

洋画演習1【油彩 (コラージュから油彩へ)・選択演習 (3DCG・立体から絵画へ) 】

美術科共通演習A・B【日本画・版画・工芸・テキスタイル・総合美術より2つ選択 (横断型演習) 】






 後期 

洋画演習2・3【古典技法 (テンペラ・フレスコ)・油彩 (映像を絡めた人体油彩)・進級制作】

美術と実践力【写真実習・展覧会企画広報運営】